• share
  • ツイッターでシェアする
  • フェイスブックでシェアする
ニュース

2019.06.21

「自家消費エコめがね」のリリースについて
~高圧受電設備の自家消費量計測に対応〜

 株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 小鶴慎吾、以下、NTTスマイルエナジー)は、高圧受電設備での自家消費量計測にも対応した「自家消費エコめがね」を販売開始することをご案内いたします。


1.背景

 発電コストが購入電気代と同等以下になる“グリッドパリティ”となるケースが増えた昨今、太陽光で発電した電力を「売電」から 「自家消費」にシフトする動きが加速しています。
中でも、設置された施設の需要家が初期費用の準備や設備の運用管理を必要としない第三者所有モデルは増加が進み、2030年度の国内市場規模は800億円超になると予測されています(参照元:国内の太陽電池市場の推移予測 出典:富士経済)。
 NTTスマイルエナジーは、昨年から自社でも自治体や住宅向けに自家消費型のPPA事業1を推進してきましたが、これらの流れを受け、今回新たな領域となる高圧受電設備の自家消費ニーズにもお応えすべく、太陽光発電量の計測に加え、自家消費量の計測にも対応した「自家消費エコめがね」をリリースすることといたしました。
 今後は自社のPPA事業においても商業施設や工場等への拡大を予定しております。

※1 Power Purchase Agreement:第三者が太陽光を設置し、発電した電力を供給するモデル

<全体概要図>

2.サービス概要・システム構成

①太陽光発電システムの遠隔監視(単相/三相のマルチメーカー対応)
②スマートメータに接続し、太陽光発電の自家消費量計算が可能

<太陽光発電の自家消費イメージ>

3.今後の展開

 PPA事業者様向けに、需要家様への課金請求代行サービス、環境価値の収集と証書化、保守メンテナンスサービス等を提供予定です。
 さらに、需要家様からのニーズにお応えすべく、RPR2が作動する前に発電量が消費量を超えないよう制御できる「逆潮防止サービス」や、発電量が低い時間帯(朝夜)の電力供給サービスの提供を予定しております。
 以上のようなPPA事業に必要な各種機能やサービスをトータルでご提供することで、更なる再生可能エネルギーの普及に貢献して参ります。

※2 Reverse Power Relay(逆電力継電器):逆向きの電力が流れた瞬間に動作し、逆潮流を防止する機器


-報道関係からのお問い合わせ先-
株式会社NTTスマイルエナジー スマイル運営本部 担当:山本 上田 衛藤
TEL:06-6221-5301 MAIL:houdou@nttse.com
※ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。 最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。