• share
  • ツイッターでシェアする
  • フェイスブックでシェアする
ニュース

2014.02.24

クラウド活用型太陽光発電
遠隔モニタリングサービス“エコめがね”
スマートグリッドを支える家庭向けコンセプトサービス
スマートエネルギーWeek 2014に参考出展

株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 谷口裕昭、 以下NTTスマイルエナジー)は、太陽光発電遠隔モニタリングサービス“エコめがね”の家庭向けコンセプトサービスを、2月26日より東京ビッグサイトにて開催されるスマートエネルギーWeek 2014に参考出展いたします。

NTTスマイルエナジーではクラウドを活用した新しい形の太陽光発電見える化サービスとして、太陽光発電遠隔モニタリングサービス“エコめがね”を2011年11月より家庭向けに、2012年8月からは再生可能エネルギーの固定価格買取制度(全量買取)向けに提供してまいりました。

2014年2月現在で、“エコめがね”ユーザのパネル総量は130メガワットを超えており、最近は特に全量買取設備向けに好評を頂いております。

今後、スマートグリッド社会の実現に重要な役割を果たす家庭向けに、今までに培ったノウハウを生かした、下記コンセプトサービスを参考出展いたします。

 


コンセプトサービス概要

1、 家庭向け電力情報表示端末

“エコめがね”クラウドサーバに蓄積された電力情報を利用し、従来の数値やグラフの表示ではなく、色や傾きで直感的に電力使用状況の確認ができるシーソー型の端末です。

 

2、 家庭向け“エコめがね”モバイルパック

“エコめがね”に3G WiFiルータをセットにしたパッケージ商品です。 通信機能を備えているため、インターネット環境が無いご家庭にも簡単に設置が可能になります。

 

3、 エコめがねマップ

太陽光発電システム販売会社様(以下、販社様)が販売された太陽光発電設備の状況を地図上に表示する販社様向けサービスです。

現在提供中の販社様向け保守メンテナンスサービス、“エコめがねi”と併せてご利用いただくことにより、より効率的な保守メンテナンスに貢献します。

シーソー型表示端末
【表示端末:電気の使用状況に合わせてシーソー型のオブジェが動作します】

 

エコめがねマップ
【エコめがねマップ:設備毎の発電状況や異常ステータスを地図上に表します】

 

その他スマートエネルギーWeek 2014では、“エコめがね”による遠隔モニタリングサービスや、“エコめがねi”による販社様向けの一括発電量監視サービス等、適切な発電量の維持と、故障の早期発見による、最適な設備投資回収を支援するサービスをご紹介いたします。

 

スマートエネルギーWeek 2014概要

【開催場所】東京ビッグサイト
【出展ブース位置】東1ホール スマートグリッドEXPO内E4-22
【開催期間】2月26日(水)〜2月28日(金)10:00~18:00 ※28日のみ17:00終了

展示会入場券のダウンロードは下記より可能です
https://contact.reedexpo.co.jp/expo/FC/?lg=jp&tp=inv&ec=SGE

展示会ホームページ
http://www.smartgridexpo.jp/ja/

 

<参考資料>“エコめがね”概要

“エコめがね”は太陽光発電システム専用のモニター端末を必要としない代わりに、クラウドサーバーを利用する事により、いつでもどこでもスマートフォン・携帯電話・パソコン等により他のユーザとの比較なども行いながら家庭の電力情報をわかりやすく確認できる太陽光発電モニターです。

「見える化」だけではなく、日射量情報等から太陽光発電システムの発電量が適切かを見守る「発電診断」サービスなども提供しております。

「エコめがね」表示画面例

“エコめがね”サービスサイト http://eco-megane.jp

 


-報道関係からのお問い合わせ先-

株式会社NTTスマイルエナジー 事業企画部 担当:飯田
TEL:06-6221-1234 MAIL:info@nttse.com


※ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
 最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。